ブログ | 整体院 Re+make | 川越市 腰痛 慢性 肩こり

Blog of Re + make
Re+makeブログ
Re+make

2018.06

  • ブログ 2018年6月6日

    こんにちは!

    整体院 Re+make院長の宮澤典幸と申します!

     

     

    今回のテーマは、腰痛とピサの斜塔についてです。

     

     

    ピサの斜塔

    腰痛を考える時、イタリアの「ピサの斜塔」が参考になります。

    塔が傾いたのは偶然ではなく、塔の地盤工事にミスがあったからです。

    地盤の軟弱な側が沈み、塔が傾く。

    ごく自然なことです。

    その影響で今日も少しずつ塔は傾き、壁にヒビが入ってきます。

    それでも、世界遺産の保存のために基礎と壁の補修工事を毎年行っています。

    ピサの塔は地盤の弱い側に傾いていきます。

    脊柱は骨盤の締結が弱い側に傾きますがが、倒れないように逆側へ曲がりバランスをとります。

     

     

    次回は、人は動く建物についてです。

     

    あなたの『慢性腰痛』を改善出来るのは、

     

    整体院Re+makeだけです。

    一度お電話でご相談ください。
    あなたからのご連絡お待ちしております。

     

    Re+make整体院 院長の宮澤でした。

    川越市「唯一」の慢性腰痛専門整体院
    Re+make
    埼玉県川越市脇田町27-2PONOビル1FA
    東武東上線 川越駅 東口から徒歩3分です。
     
     
    初回10,000円→なんと2,980でのご案内です。!
    慢性腰痛でお悩みの方は今すぐご連絡下さい。
    TEL
    080-6806-3172
    または
    mail:remake.seitai@gmail.com
    までご連絡下さい。

     

  • ブログ 2018年6月5日

    こんにちは!

    整体院 Re+make院長の宮澤典幸と申します!

     

     

    今回のテーマは、ぎっくり腰についてです。

     

    腰が傾き、動くと激烈な腰痛が生じる「ぎっくり腰」。

    これは背骨が悪いのではなく、その土台である骨盤が悪いのです。

     

    重力に順応して生活するためには、体重をしっかり支える丈夫な骨と滑らかに動く関節が絶対に必要です。

     

    ぎっくり腰は、突然、立ち座りや寝起き、歩くことなど全ての動作が不自由になる激烈な腰痛です。

    整形外科では一般に、レントゲンをとり、特別な異常がなければ急性腰痛症として

    「安静と消炎鎮痛剤(内服・坐薬・注射・湿布)の指導と処置がなされます。

     

     

     

    次回は、腰痛とピサの斜塔についてです。

     

    あなたの『慢性腰痛』を改善出来るのは、

     

    整体院Re+makeだけです。

    一度お電話でご相談ください。
    あなたからのご連絡お待ちしております。

     

    Re+make整体院 院長の宮澤でした。

    川越市「唯一」の慢性腰痛専門整体院
    Re+make
    埼玉県川越市脇田町27-2PONOビル1FA
    東武東上線 川越駅 東口から徒歩3分です。
     
     
    初回10,000円→なんと2,980でのご案内です。!
    慢性腰痛でお悩みの方は今すぐご連絡下さい。
    TEL
    080-6806-3172
    または
    mail:remake.seitai@gmail.com
    までご連絡下さい。

     

人気記事